生理不順を整えるサプリランキング@おすすめは?

生理不順を整えるサプリとは?

生理不順は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンなど女性ホルモンのバランスが崩れることにより起こります。ホルモンバランスの乱れの多くが、ストレスによるホルモン分泌の影響が原因とされます。

 

つまり、生理不順を改善するには、精神的なストレスを取り除き、ホルモンバランスを整える必要があります。

 

生理不順には、そんなストレスを緩和するリラックス成分やホルモンバランスの整調に働く成分を配合したサプリがおすすめです。当サイトは、生理不順の解決に有能なサプリを厳選して紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

生理不順サプリランキング

ズキラックの特徴

ズキラックは、生理不順を整えるサポート成分を8種配合したサプリメントになります。女性特有の症状に働くチェストベリー・大豆イソフラボンなどに加え、辛い痛みにアプローチするフィーバーフューやマグネシウムなどを含みます。さらに、リラックス作用を与えるシナモンやケイヒなどの生薬をプラス。ホルモンバランスの乱れ、痛みが気になる方におすすめです。

価格 2980円
評価 評価5
備考 フィーバーフュー・チェストツリー・大豆イソフラボン・シナモンなど

 

女性のミカタの特徴

女性のミカタは、ハーブの力により生理不順に働きかけるサプリメントになります。チェストツリーや月見草オイルを中心に、ラフマ・ヒハツなど様々なハーブエキスを配合。さらに、不足しがちなビタミンB1・B6・B12などのビタミンB群もプラス。イライラ・倦怠感などPMSに悩む方におすすめです。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 チェストツリー・月見草オイル・ラフマなど

 

ノムダスの特徴

ノムダスは、女性ホルモンの乱れに自然由来の素材がアプローチするサプリメントになります。ホルモンバランスを整える有用成分「エクオール」を配合しています。エクオールの原料に黒大豆を使用しており、体内への吸収率を格段に高めています。また、小粒サイズのため、飲みやすさもこだわっています。

価格 1260円
評価 評価4
備考 エクオール

 

生理不順の原因は?

 

生理が遅れる原因としてはいろんなものがありますが、生理が遅れることは何かしらの体のサインとして受け取ることが重要です。

 

普段は規則正しく生理が来ていた人が、大きく遅れるようであれば、それは妊娠の可能性が高いでしょう。妊娠検査薬には生理が遅れてから1週間程度で反応が出ますから、心あたりがあり、生理が遅れているという人一度調べてみると良いでしょう。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、生理周期とともに分泌量が変化するようになっていますが、ホルモンバランスが崩れてしまうと排卵が遅れ、生理周期にも影響が出てきます。

 

よく見られる要因としてストレスがありますが、女性は体も男性と比べると弱く、また精神的にもストレスを感じやすいので、ホルモンバランスが崩れやすいと言えます。

 

また、生活習慣としてダイエットを頑張っていたり、寝不足、無理な運動などをしているがためにホルモンバランスが崩れることもあります。ストイックなことは悪いことではありませんが、生理周期を乱す原因になりますからほどほどにしましょう。

 

また、薬の副作用によって生理が遅れることがあるようです。
薬の使用上の注意には月経不順と記載があるものもありますから、よく見て選ぶようにしましょう。医師から処方されるものでも、月経不順の副作用がある場合がありますので、しっかり説明は聞くようにしてください。

 

その他、風邪などの病気の影響で生理周期が乱れることもあります。
深刻な病気ではないので心配は不要ですが、長期化すると何かトラブルが起こっていることもありますから、何度も乱れた周期が戻らない場合は注意しましょう。

 

若い人に多い若年性更年期

 

妊活中の人は、生理が来ることに関して強いストレスを受けるものです。
生理周期が乱れたり、生理までの期間が長いということは妊活中の人以外にもよく起こります。これらは若年性更年期と診断を受ける場合もあるようです。

 

若年性更年期の症状はいわゆるPMSと同様のものが多く、判断が難しいために専門の医療機関でしっかり診てもらう必要があります。

 

もしも症状が辛く気になる場合はしっかり確認をした方がよいでしょう。特に妊活をする上でこの病気が疑われる場合は確認しておくことをおすすめします。

 

若年性更年期は、卵巣機能は正常であるにも関わらず、自律神経の乱れが原因となって卵巣においてホルモン分泌がうまく行われていない状態です。卵巣機能が低下している更年期とは根本的には違うのですが、そのうまくいかないことによって自律神経が余計に乱れていくという負のサイクルに入る点で共通しています。

 

女性の社会進出や生活習慣の変化によって、疲労やストレスが重なり、出産適齢期であるはずの20代や30代で自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなっている状況があります。普段から体調管理やストレスには十分注意しておくのが望ましいです。

 

ただの生理不順だと思っていたら、このような状況が隠れているということもありますので、生理不順がなかなか解消されない場合には一度病気を疑って婦人科などで相談してみましょう。

 

妊娠と生理不順

 

毎月の生理と妊娠には深い関係があります。
不妊症ということで妊活を頑張っている人の多くは、生理不順などの月経トラブルを抱えているのです。

 

生理不順は、ただ生理が乱れているということではなく、必ず原因があります。体質というよりも、自律神経が乱れやすくなっていたり、ホルモンバランスが乱れているために起こることですから、それをそのまま放置していると生殖器の働きに異常が起こっていたり、また健康上の問題が進む可能性もあるのです。

 

妊娠は非常にデリケートな働きなので、何かの機能に異常があればうまくいかなくなります。ですから、日々健康状態に注意して妊娠機能を正常に働かせる必要があるのです。

 

そのために重要なポイントになるのが毎月の月経です。
これが正常な周期で行われているのか、生理に伴う体調の変化の大きさなどは、生殖器の機能や自律神経の働きがどの程度正常に行われているかを示すバロメーターとなります。ですから、生理をただ憂鬱なものと考えずに、健康状態を考える材料としてしっかり管理しておくようにしましょう。

 

ホルモンバランスや自律神経が乱れて生理が乱れている人には不摂生な生活をしている人も多いのですが、若いうちはそれでも体が動きますし、周囲にはそういう生活をしている人も多いので気にしないという人も多いです。しかしそういった生活を長く続けているうちに、結婚や出産を考えるようになってから後悔する人も多いです。早く気付いて改善することができれば、生理不順も改善できることが多いですが、年齢が高くなるにつれて改善が難しくなるので注意してください。

 

産後に多い生理不順

 

妊娠や出産などのイベントは、女性の体に大きな変化をもたらします。そのため、産後は生理不順になりやすいそうです。生理が落ち着かないのは、体が回復していないようにも思えますから、不安が募るものです。

 

母乳をあげ続けていると、産後の生理不順につながりやすいです。母乳を作るホルモン「プロラクチン」の分泌が促進されている状態で、これは排卵を抑制する作用も持っているホルモンでもあります。そのため、母乳育児中は無排卵月経なのですが、断乳してからしばらくするとプロラクチン値が正常に戻り、徐々に生理の周期が戻っていきます。およそ1〜3ヶ月は生理周期が不規則になるものですので、この時期の生理不順はそこまで気にする必要はありません。

 

注意したいのが、生理不順の原因がストレスにある時です。
育児や睡眠不足、授乳による栄養不足などは予想以上にストレスになりますので、それによって自律神経が乱れ、ホルモン分泌が乱れることは少なくありません。k

 

また、産後は運動不足や授乳による貧血などの原因による血行不良も多くなり、冷えなどから卵巣の機能が低下し生理不順が起こることもあります。

 

それぞれ、妊娠や出産の後の事情によるものですから、多少は仕方のない部分がありますが、大事なことは、出産前の生活にいかに戻していけるかです。妊娠中や出産後の生活リズムは明らかに通常時と違いますから、その生活リズムを続ければ生理不順が生じるのもある意味では仕方ありません。急ぐ必要はありませんが、意識して戻すようにすることが生理の正常化のためには大切です。

 

生理不順を改善するには

 

生理が不安定だと心配になりますし、生理不順だと妊娠しにくいということが言われています。生理周期が不安定でも妊娠したいという人は、妊活の基本をしっかりおさらいしましょう。

 

生理不順は、極端に生理周期が乱れている状態を示し、日数の変動が大きいタイプと、正常範囲より長かったり短かったりといったタイプがあります。

 

生理の周期は基本的に数日は変動があるものですが、これが7日以上と極端に乱れる人がいて、この場合は何かしらの問題が体に生じていると考えられます。日数が正常範囲ではないタイプの人は、正常範囲である25〜38日よりも長い、もしくは短い期間で生理が安定している人で、これも生理不順とみなされます。

 

生理不順になると卵巣や子宮の状態、もしくは女性ホルモンの分泌体系に何かしらのトラブルがあってホルモンバランスが乱れていると考えられます。これは妊娠や出産を考えた際に、不妊につながりやすくなります。妊娠には卵子と精子の受精が必要ですが、生理不順の場合には排卵日の予測が難しいということもあり、妊娠しにくくなります。

 

基本的に排卵が起きていれば妊娠はできますが、生理不順は生理のリズムが乱れていたり、何か生殖器にトラブルが生じているということですから、これを改善してこそ妊娠しやすくなるのは間違いありません。

 

生活習慣の改善や、運動習慣、栄養バランスなどを見直したり、婦人科で相談してみたり、漢方薬による体質改善をしてみたり、いろんな方法を取ることができます。何もしないで自然に任せるのでなく、積極的な改善に取り組みましょう。

 

生理不順の対策まとめ

 

生理不順に悩まされている女性は少なくないことと思います。この生理不順は、自律神経失調症になると悪化する傾向があるとされています。いったいどうしてなのでしょうか。その原因と対策は、以下のようになります。

 

*生理不順の実情とその原因
女性のホルモンの分泌は、男性に比べるとより周期的な変化を見せます。この変化は生理周期に関連しています。特に生理前症候群PMSの方は、その傾向が顕著です。イライラする、情緒不安定になるといった状態が生理前に発生します。
このような感情的な変化が起こったり、普段とは異なる行動をとってしまったり、イライラしたりといったことに強い関連があるとされるのが自律神経です。
生理不順の状態とは、具体的にどういった状態のことを指すのでしょうか。
多くの場合、女性は初潮を12歳頃に迎え、生理が始まります。生理とは、25〜38日くらいの周期で、子宮から3〜7日間ほど出血が起こることです。これらのサイクルをコントロールしているのは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンです。しかし、何がしかの理由で、これらの女性ホルモンが正常に分泌されなくなることがあります。これが生理不順を引き起こします。
生理不順と呼ばれるトラブルは様々ですが、具体的に起こる事例としては、生理の周期が狂う、生理が突然止まる、生理かどうかはっきりしない出血が突然起こる、異常に生理が長く続くといったものがあります。
ホルモンのバランスを崩す原因は、ストレスや過労、過度のダイエットなどです。こういったさまざまな要因により、生理不順は引き起こされてしまいます。

 

*自律神経と生理不順の関係とは
自律神経の持つ働きとは、体を一定の状態に維持するというものです。特に重要な役割として、正常な体温を保つというものがあります。そのため、ストレスや肉体疲労などによって自律神経のバランスが崩れてしまうと、体温調節にも支障が出てしまうことが確認されています。
体温を一定に維持することができない場合に起こるトラブルとして、冷え性、低体温症、血行不良といったものがあげられます。特に女性にとってダメージが大きいのが体の冷えです。体を冷やしてしまうと子宮の働きも低下します。それにより、ホルモンバランスが乱れてしまい、生理不順が引き起こされることがあります。
また、不規則な生活サイクルを持っている方も要注意です。仕事が忙しい、夜遅くまで起きていて朝遅くまで寝ている、慢性的な睡眠不足といった状態が続き、生活のリズムが乱れてしまうと、体が持っている体内時計の機能が変調をきたします。
人間の通常持っている機能として、昼間に活発な活動を行い、夜は逆に休養して、疲労や身体機能の回復をはかるというものがあります。しかし、不規則な生活リズムの中で暮らしている方には、この機能が滞りなく働きません。そのため、自律神経失調症が引き起こされることがあります。
また、不規則な生活サイクルは、体内時計のみならずホルモン分泌にも大きな影響を与えます。それも生理不順の原因になりえます。
体それ自体の機能を保つための重要な役目が自律神経にはあります。自律神経の障害によって引き起こされる生理不順は、それにとどまらず、排卵障害や不妊といった深刻なトラブルにもつながりかねません。女性にとっては大きなリスクであると言えるでしょう。

 

*生理不順を予防するには
生理不順の予防や改善に効果のある方法は、以下の通りです。

 

・ホルモンバランスを整える働きのある食べ物を摂取しましょう
ビタミンやミネラルには、自律神経のバランスを整え、ホルモン分泌を高める働きがあります。特に女性に必要なミネラルは、鉄やカルシウムです。食生活の中で積極的に取り入れましょう。
※おすすめの食品…玄米、ナッツ、味噌、納豆、さば、いわし、他

 

・半身浴をしましょう
体を温めることには、身体のさまざまな機能を高める効果があります。特に、生理不順を引き起こす自律神経の乱れを改善する効果があるのは、ぬるめのお湯での半身浴です。半身浴を夜寝る前に行ってみましょう。血行を良好にしてくれるのみならず、身体をリラックスさせてくれます。良質な眠りを得ることが期待できます。

 

・就寝前の正しい習慣を身に付ける
※就寝1時間前には、パソコンやテレビのスイッチを切りましょう。これらは、脳を活発化させてしまいます。
※リラックス効果の高い、アロマ、音楽、ハーブティといったものを取り入れてみましょう。

 

・腹式呼吸を行うことで自律神経を調節しましょう
腹式呼吸をしてみましょう。リラックスした状態で、お腹からゆっくり呼吸をします。イライラしているときなど、ストレスを感じた際に行うと有効です。

 

・有酸素運動を行う
水泳やエアロビクス、ウォーキングなどといった有酸素運動には、精神を安定させ、自律神経のバランスを改善してくれる効果があります。